数年間封印していたトロンボーンの状態を、日曜日に確認する事にしたよ。
旧友と出会い、幸いな事に吹奏楽団への誘いがあったよ。
楽器を再度吹くチャンスだよ。
しかし、数年間封印していたトロンボーンなので、スライドとロータリーの状態が悪いだろうね・・・・。
修理が必要だと思われるが、どの程度なのかな?
数万円で修理出来るなら、冬のボーナスで何とかなるかな。
日曜日は覚悟を決めないとね。
本日は久しぶりにclassicのコンサートへ。
非常に良い演奏で楽しめたよ。
その後は同行した家族と軽く飲みに行って良い一日だったよ。

しかし、相変わらず携帯マナー悪い人がいるね・・・・。
何回も電源を切るようにアナウンスされているのに無視する人だよ。
退場処分にして欲しいよ。
それと、クラシックなど退屈だろう小さな子供を連れる親もね。
運が悪く、子供が横の席に座って地獄だったよ。
立ち上がったり色々動いたりと最悪だったよ。
注意する予定だったが、一番迷惑している後ろの座席の人が我慢したので、視界に入らないようにして我慢したよ。
良い演奏だったので、この迷惑客にはね・・・・。
20年前の事なので、意味不明なタイトルなflute組曲があるよ。
一応、ブログのサイドバーからダウンロード可能にしているCD-R組曲だよ。
最終楽章が思いつかなくて失敗した曲だよ。
1楽章の序曲は意外と悪く無いので、改訂しればいけるかも?
2楽章は旋律自体は気に入っているが、短いよ。
後は完全に駄目だよ。
ピアノ曲を完成したら、次はフルート組曲を改訂し、最後の楽章の追加を行うのが面白そうだよ。
音大時代に作ったのはバストロのファンタジーだけど、フルート組曲も2楽章まで作っていたよ。
想い出の曲だし、40代の現在に復刻するのも面白いかもね。
昨日書いた唐辛子だけど、更に実が増えていたよ。
しかも、ゴールデンリーパーも1個確認出来たよ。
この調子で増えてくれる事を期待しているよ。

さて、先日は上原ひろみさんのCDを購入したが、今度はDIMENSIONの最新作を購入したよ。
残念ながらキーボードの人が消えてしまったが、物凄く上手いサックスとギターの人は健在だよ。
そして、最新作の33は超絶技巧のCDって感じだよ。
10曲とも凄まじい曲で、正直疲れてしまうよ・・・・。
前作の32の方がバランス良いかな。
まあ、カーミュージックならアップテンポばかりの33も悪くないけどね。
タイトルの通り、上原さんの新曲を購入したよ。
ピアノよりも目立つトランペットが入っているので地味なCDかと思ったよ。
案の定トランペットが1番目立つね。
しかし、上原さんの激しいピアノを除外して聞いてみるとバランス良い音楽だと感じるね。
トランペットの人は凄まじい技術力で、時々アンブシャが怪しいけど恐ろしい楽譜に着いて来ているかな。
個人的感想だけど、ブルージャイアントでテナーサックスメインの曲を多数書いた事により、
他の楽器をメインにしたCDを作成したと感じたよ。
このCDは非常に良い音楽だけど、やっぱり上原さんのピアノが聴きたいので、
ピアノトリオが1番良いと思ったよ。
音がずれて聞こえる手法のヘテロフォニーで有名な、西村朗さんの訃報が静岡新聞に載ってビックリしたよ・・・・。
尾高賞を何回も受賞する物凄い作曲家だけど、吹奏楽の為に秘儀シリーズを書いてくれたのが有り難いね。
しかも、2015年の課題曲で3番を作ってくれたね。
酩酊状態になりそうな3拍子のヘテロフォニーで、技術的には難しく無いのに演奏するのは物凄く大変って曲だと思ったよ。
個人的に1番好きなのが、アンサンブルリベルテ吹奏楽団が演奏した、秘儀4の大編成吹奏楽アレンジVerだよ。
物凄く怪しい(褒め言葉)行進曲であり、トリップしそうな音楽で、クライマックスでトロンボーンのグリスツァンドによる下降音でテンション下がるのが印象的だよ。
秘儀シリーズの名演が多い浜松聖星高等学校が、秘儀9を演奏するみたいなので期待しているよ。

西村さんの音楽は唯一無二であり、本当に惜しい人がと思うよ。
オーケストラの音源はフォンテックとカメラータから結構出ており、GOLDも多数聞いているよ。
次は、秘儀シリーズを集めたCD(演奏は浜松聖星高等学校を希望)を出して欲しいよ。
本日の朝は非常にショックだったけど、改めて西村さんの音楽の偉大さを感じたね。
CDを片付けるスペースが足りなくて困っているよ・・・・。
ここは、覚悟を決めて処分を決行する時期かもね。
色々と場所を考えて居るけど、半年以上思いつかないし駄目かと。
昔はブックオフで衝動買いしたCDが多数あったので、
外れCDを処分していたよ。
しかし、現在は入念に調べてから購入する事が多いので、外れが減っているよ。
なので、勿体ないって思ってしまうよ。
まあ、それでも外れはあるから選別して置こうかな。
GOLDが学生だった時代の吹奏楽課題曲は想い出補正で、どうしても好きになるよ。
特に好きなのが、吹いた事が無いけど下記の曲になるよ。
マーチエイプリルメイ・雲のコラージュ・ラメセスII世・交響的譚詩・五月の風かな。
特に、マーチエイプリルメイと五月の風は楽器復帰したら絶対に吹いていたい曲だよ。
毎年、頑張って課題曲マーチを沢山の人が考えて発表しているが、
この2曲は個人的に圧倒的上位に存在する曲だと思うよ。
GOLDの父親とドライブしている時に、課題曲CDを順番に流していたが、
マーチエイプリルメイと五月の風とグリーンフォレストは素晴らしいとコメントしていたよ。
学生時代だった上記の曲なので異様に想い出補正が強くなるよ。
なお、今回は長調のマーチに絞っているよ。
短調の話は別の日にしようかな。
どうしてもお腹の調子が悪いままなので、エビオス錠と正露丸を飲んでいるよ。
やっぱり、お酒が悪いのかなぁ・・・・。
ストレスのたまる職場なので、帰宅後は飲みたいところだよ。

さて、偶にはマニアックな話を。
GOLDの好きな吹奏楽なんだけど、伝説の時代になる関西学院大のザノニの旋律が好きだよ。
分かりやすい旋律なのに、物凄く胡散臭い流れだよ。
そして、数年前に発売した東京佼成の大野さん指揮のCDが更に凄いよ。
最近のプロの演奏なので完璧に近いけど、後半になってくると怪しさが倍増して怪しさがとんでもない事に。
コーダの怪しい旋律が物凄く好きなんだけど、関西学院大の突撃するタイプと、
佼成の地底に響き渡るタイプは対比が面白いよ。
作曲者のクレストンは多調で非常に面白い音楽が多いよ。
一番有名なのは恐らく、アルトサキソフォンのソナタだろうね。
このソナタはGOLDの音大時代に、同級生の人が沢山吹いていたので良く覚えているよ。
練習塔がトロンボーンとサックスが同じ階だったからね。
当時は曲名知らなかったけど、後でCD購入して思い出した結果、
クレストンのソナタとミヨーのスカルムーシュが多かったみたいだよ。

何か、最初はザノーニの話だったけど、途中からサックスの曲になったね。
酔っ払っていると本当に適当だよ。
有名作曲家の弦楽四重奏シリーズとか集めるのに苦戦しているよ。
なので、久しぶりにフォンテックとかカメラータの日本人作曲家シリーズを探す事にしたよ。
大体の曲はは「ピーピーギギーグギャ!ツッツー」って動きと斬新な和音ってのが多いよ。
高度な計算で作られている音楽であり、和声も旋律も過去を超えられないので不協和音で勝負している曲なんだよね。
新しい技術を見つけるのは本当に難しいだろうね。
バッハも当時は現代音楽と言われたらしいね。
現在の高度な不協和音の連続音楽と同じなのかな?
高額だけど、2020年代の現代音楽シリーズを聞いてみようかな?
今も不協和音の連続なのか気になるしね。
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリー
GOLDについて

GOLD

Author:GOLD

キバヤシ


クラシックと吹奏楽とジャズと民族楽器を愛する静岡人。
音楽日記にてクラシックと吹奏楽のレビューを書く。
最近では仕事の合間に行う作曲と、多数集めたCDを聴くのが趣味。
プロフィール画像のキバヤシは心の友と思っているのだが、何とMMRを読んだ事が無い。

ここでは毎日更新をモットーとし、作曲状況や日頃思った事を徒然と書く。
業者コメントが鬱陶しいので「http://」はコメントで使用不可。
どうしても使いたい場合は「ttp://」と「h」を抜いて欲しい。
連絡先を追加。
アットマークを各自@に代えて欲しい。
gold9999_9(あっとまーく)yahoo.co.jp

GOLDの楽曲
GOLDのお気に入り
月別アーカイブ(短縮Ver)